銀座 立田野について

銀座 立田野ものがたり

明治二十八年(1895年)、お相撲さんだった立田野が、四股名をそのままにつくった甘味どころ。それが立田野です。

創業者は力持ちで大きな体で、しかも甘いものが大好きだったのです。当時は、立田野でつくったあんみつを枡席で食べながら、お相撲を観戦するお客さんの姿がありました。ちなみに当時の横綱は西ノ海 嘉治郎、得意技は「寄り」。16代横綱になります。

そして関東大震災の翌年、大正十三年(1924年)。震災で銀座が復興していなかったころ、銀座に本店を構えます。それが今の銀座立田野です。

大正末期から昭和初期(1920年代)には、あのモボ・モガ(モダンボーイとモダンガール)が銀座に登場。西洋の文化が一気に銀座に溢れ出し、立田野のあんみつもたくさんの人に楽しまれました。

あれからおよそ100年たった今も、銀座はファッション・文化・芸術が行き交い、日本を代表する社交の場として賑わっています。

そんな中に、ほっとできる甘味どころとして立田野はあんみつを今も、つくり続けています。創業者がつくったころのおいしさをできる限り大切にしたいと、今もあんみつは手づくりです。その味は、歌舞伎の役者さん、舞台女優、映画スター、小説家、画家…と、たくさんの著名人に愛されています。

「銀座の味がする」と、あるお客様に言われたことがあります。変わらないおいしさは、やがてその街のおいしさになるのかもしれません。

銀座立田野ではソーシャルメディアでも情報発信しています。